コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<建築確認>設計ミスを見逃した検査員らを処分 名古屋(毎日新聞)

 名古屋市内で建てようとした木造住宅について、敷地の一部が防火地域なのに、準防火地域として設計されているのを見逃して建築確認済証を交付したとして、国土交通省は22日、検査機関の西日本住宅評価センター(大阪市)に業務改善計画書を提出させ、見逃した確認検査員を業務禁止40日の処分とした。

 設計段階では準防火地域だったが、その後に都市計画が変わり、敷地の3分の1程度が防火地域となったことを名古屋市などに確認しなかったためとみられる。建物は基礎のコンクリート打ち工事をしていたが、更地に戻したという。【石原聖】

「無過失補償制度」や「介護環境整備」盛り込む-民主マニフェスト素案(医療介護CBニュース)
[DS] 『サカつくDS ワールドチャレンジ2010』のTV-CMが今日から公開
触った相手は女性警察官=電車内、容疑で43歳男逮捕-警視庁(時事通信)
交通部長に北川氏 県警人事、新任警視正は4人
区民ミュージカル 25日、2年ぶり再演(産経新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

17年前にも「創新党」 小沢氏ら、新生党旗揚げ時に検討(産経新聞)

 山田宏東京都杉並区長らが新党「日本創新党」を結成したが、民主党の中核をなす小沢一郎幹事長や羽田孜最高顧問(元首相)らが平成5年に自民党を飛び出し新生党を旗揚げする際に「創新党」が有力な党名候補として一時検討していたことがわかった。幻に終わった創新党が17年の歳月を経たいま、“反民主党政権”党の形で実現したわけだ。

 関係者によると、新生党結成の際に、「温故創新」を座右の銘とする羽田氏が「創新党」を党名に提案し、もうひとつの候補として浮上した「自由新党」のいずれかにする方向で検討された。

 ところが、最有力視されていた「創新党」については「語呂がよくない」などといった否定的な意見が出たうえ、「自由新党」に関してもすでに自治省(現・総務省)に届け出されていた。このため、結局“補欠”扱いとされていた新生党に決まったという。

 新生党は「自立と共生」を理念としたが、日本創新党が掲げる「国家の自立」や「国民の自立」と図らずも重なる。首長新党の名称について、新生党結党時のメンバーの多くが所属する民主党からは、「清新さはない」「二番煎(せん)じだ」と、“負け惜しみ”とも受け取れる声が出ている。

【関連記事】
山田宏 東京都杉並区長、日本創新党旗揚げ 首長ら「現状打破」
参院選後「政界再編ビッグチャンス」 みんなの党・渡辺代表
舛添・東国原会談、新党触れず 「オオカミ中年」党内から批判
「たちあがれ日本」がネットで好評?
自民党崩壊の始まり?保守再生へ大胆な提案
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<山武市長選>椎名氏が再選 千葉(毎日新聞)
母、めいの順で刺す=逮捕の長男、一家5人殺傷-愛知県警(時事通信)
エプソンのパソコン発火の恐れ、無償修理(読売新聞)
<女性遺体>ふ頭で頭部発見 諸賀さんの可能性 福岡(毎日新聞)
<中国毒ギョーザ>中国側捜査員月内にも来日(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

トリ持つ縁… 姫路の公園 ヤシにサクラ咲く(産経新聞)

 兵庫県姫路市白浜町の宇佐崎公園に、ヤシの木の一種であるフェニックスの幹に寄生したオオシマザクラが花を咲かせている。専門家は「野鳥が運んだ種が芽吹いた可能性が高い。ヤシの木に桜が寄生するのは珍しい」と話している。

 オオシマザクラは、葉が刈り取られた高さ約2・5メートルのフェニックスの幹に根を張り、枝を伸ばしている。今月初めごろから咲き始めた。

 大阪府立花の文化園によると、オオシマザクラは桜の中でも生命力が強い品種。寄生した状況から、葉が切り落とされたフェニックスに水や樹皮が堆積(たいせき)し、さらに野鳥が種を落として花を咲かせたとみられるという。

 地元で“開花”が確認されたのは平成20年春。付近で開かれる「灘のけんか祭り」にあやかり、「灘のけんかザクラ」と呼ばれているといい、白浜町宇佐崎自治会の河野敏信さん(59)は「秋の祭りと同様に春のサクラも有名になれば」と期待している。

アナタは右側?左側?エスカレーターお国柄(読売新聞)
政権公約「基本は変えぬ」=小沢民主幹事長(時事通信)
舛添氏に厳しい処分を=自民全議員懇で続出(時事通信)
銅線2.3トン盗難、売却直前で放置 神戸新交通(産経新聞)
「省庁再編」を政権公約に=財政健全化の道筋も明記-民主(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

皇后さま 小野竹喬展を鑑賞(毎日新聞)

 皇后さまは11日、東京都千代田区の東京国立近代美術館で同日まで開催されていた「生誕120年 小野竹喬(ちっきょう)展」(毎日新聞社など主催)を訪れた。小野竹喬(1889~1979)は温雅な色彩で知られる日本画家。初公開作品11点を含む作品119点とスケッチ52点のうち「花の山」「南島四季のうち春秋」「夕空」などの説明を受けた皇后さまは、一点一点をじっくりと見ながら「本当にきれいな作品」「美しいですね」「筆にリズムがありますね」などと感想を述べた。

車内で火遊び?全焼、幼い姉妹煙吸う(読売新聞)
日本人の死刑執行さらに3人、中国が通告(読売新聞)
【高速道路新料金割引】上限料金、NEXCO系は軽1000円から大特1万円(レスポンス)
文科OB天下り2社 理研の20、21年度委託9件 すべて「1社応札」(産経新聞)
インフル患者、10週連続で減少(医療介護CBニュース)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

発砲 福岡でオフィスビルに銃弾5発、ガラス扉に穴(毎日新聞)

 6日午後10時50分ごろ、福岡市東区東浜1のビル2階の会社の男性警備員から「数発の発砲音がした」と110番があった。

 福岡・東署によると、ビル2階の玄関入り口にあるガラス扉に穴が開いており、1階から2階に上がるビル外側の階段に薬きょうが複数落ちていた。けが人はなかった。福岡県警は銃撃事件として捜査している。

 発砲音の直後、黒っぽいウインドブレーカーに白のフルフェースのヘルメットを着用した人物が黒っぽいバイクに乗って走り去るのが目撃されており、県警はこの人物が関与した可能性が高いとみて行方を追っている。

 現場は福岡都市高速1号線東浜ランプに近いマンションや商業施設などの混在地。

小沢氏と「互いに頑張ろう」=鳩山首相(時事通信)
<北沢防衛相>自衛隊機を民間転用 検討会発足へ(毎日新聞)
<食中毒>処分中にまたも食中毒起こす--大阪・寝屋川(毎日新聞)
<上げ馬神事>馬が転倒、死ぬ 三重県文化財指定、視察中に(毎日新聞)
<育児休暇>新人に「とってみて」…首長で初取得の文京区長(毎日新聞)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。