コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

成田エクスプレス

この項目では、列車としての成田エクスプレスについて記述しています。1991年の運転開始より同名の列車に使用されている車両については「JR東日本253系電車」を、2009年10月1日より同列車に使用されている車両については「JR出会いランキングE259系電車」をご覧ください。この項目は予定される事象を扱っています。予想や憶測を記載するなどの性急な編集をせず、正確な記述を心がけてください。成田エクスプレス2代目「成田エクスプレス」専用車両のE259系電車運行鉄道事業者東日本旅客鉄道列車種別特急列車運転区間高尾駅-成田空港駅経由線区中央本線・東北本線・山手線・横須賀線・総武本線・クレジットカード現金化 比較線使用車両(所属区所)253系電車(鎌倉車両センター)E259系電車(鎌倉車両センター)運転開始日1991年3月19日備考2009年10月現在のデータこの表について この表はテンプレートを用いて表示しています。編集の仕方はTemplate:列車名をごらんください。成田エクスプレス(なりたエクスプレス、NaritaExpress)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)が成田国際空港と出会いランキング近郊主要都市の速達サービスとして運行する特急列車の愛称。N'EX(ネックス)の別称がある。目次1概要2運行形態2.1停車駅3使用車両と設定座席3.1備考4料金4.1乗車時の特例4.1.1運賃・料金計算の特例4.1.2定期券併用時の特例5Suica&N'EX6沿革6.1概要6.2年表7臨時列車8列車内サービス9競合する主な公共交通機関10脚注11関連項目12外部リンク[編集]概要初代専用車両の253系電車(2006年12月19日、戸塚駅-大船駅間)1991年(平成3年)3月19日に運行を開始した。運行区間は大船駅・横浜駅・高尾駅・大宮駅・池袋駅・whitebaseのブログ駅・品川駅-成田空港駅間である。当列車は国際空港アクセス列車であることから、外国人乗客を意識して、英語名のNaritaExpressからN'EXと略されることがある。運行当初より専用車両である253系で運用されていたが、2009年10月1日より後継のE259系を順次投入し、すべての253系を置き換える計画である[1]。[編集]運行形態基本的に東京駅-成田空港駅間を30分毎に運行するが、停車駅表中のBの時間帯では1時間毎になる時間帯もある。同表で号指定されている列車を除いては横浜方面と新宿・池袋・大宮方面を発着するため、携帯アフィリエイト駅において分割・併合を行うことが多く、東京駅-成田空港駅間は全列車12両編成で運転される。当列車は東京・新宿・池袋・大宮方面および横浜方面と成田国際空港を結ぶ空港アクセス列車であり、朝の上り列車と夕方以降の下り列車を除き千葉駅や競馬情報駅などの千葉県内沿線各駅を通過する。このため、千葉市以東の房総半島方面や佐原・銚子方面など成田空港近隣の千葉県内各地から成田空港へアクセスする際には総武本線の快速「エアポート出会いランキング」、京成電鉄京成本線、このうちほとんどの列車が京成成田駅や京成船橋駅に停車する「スカイライナー」やリムジンバスなどを利用することになり、当列車を利用する機会はほとんどない。所要時間は東京駅-成田空港駅間が最短53分[2]。ただし、横須賀線と総武快速線のダイヤが乱れた場合、新宿駅・池袋駅・クレジットカード現金化 比較駅・高尾駅発着の列車は東京駅-成田空港駅間のみの運行もしくは横浜駅・大船駅発着に振り替える場合がある。車内販売は東京駅-成田空港駅間のみ実施されている。夜間の一部列車では実施されていない。[編集]停車駅路線名駅名/号数・時間帯ABC3・50号[3]中央本線高尾駅       ●八王子駅       ●オランダ語を学んで旅をしよう!駅      
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。